相談相手」はいらっしゃいますか?当事務所を貴社の「法律顧問」としてご活用ください!!

取扱業務は、民事・家事・商事・刑事等多岐にわたり、お客様のニーズに幅広く対応いたします。下記に記載のない案件でもご遠慮なくお問い合わせください。

顧問弁護士とは

顧問弁護士とは、顧問契約を結ぶことで、継続的に顧問先の法律上の相談に応じ、顧問先の実情を十分に把握した上で、迅速かつ適切な法的アドバイスや法律上のサービスを提供する弁護士です。

顧問契約のすすめ

弁護士法人本町中央法律事務所では、法人・個人を問わず、事業をされていらっしゃる方には顧問契約をお勧めしています。現代社会で事業活動を営むとき、常に多くの法律問題に直面します。初めて商取引をする相手方が作成した契約書にそのまま調印するのは不安だ、売掛金をなかなか支払ってもらえない、契約内容を廻って相手方とトラブルになった、仕入れた商品の瑕疵が原因で顧客に損害が発生した、従業員との間で雇用関係についてトラブルになった、従業員が勤務中に交通事故を起こした等、このようなとき、専門知識のある「相談相手」がいることは、極めて重要なことです。専属の法律専門家の助言や対処により、これらの問題を、円滑に、より良い形で解決することが可能になるのです。貴社の紛争の発生・拡大の防止、法令遵守(コンプライアンス)体制の構築に、是非、当事務所をご活用ください。

顧問弁護士をもつメリットには以下のようなものがあります。

すぐに気軽に相談可能(原則無料)

迅速な法的判断や法的対処が求められる際、あるいはちょっと法的アドバイスが欲しいといった際にも、気軽に電話やメールで直接弁護士にご相談いただけます。

業務内容や社内事情について精通

継続的にご相談いただくことにより事業の内容や社内事情を把握していますので、ご相談案件をスピーディかつ的確に理解し、より良い解決策をご提示することができます。

迅速な対応

例えば契約書のチェックやトラブル案件のご相談等の際、顧問契約があれば、契約書案や資料を郵送、メール等によりご送付いただくことで、即座に検討に入ることができ、迅速な対応が可能となります。

より良い契約交渉や紛争解決

契約交渉や紛争交渉には、どうしても優位劣位の立場がありますし、当事者本人ではなかなか冷静かつ客観的な判断や交渉がしにくいものです。しかし、顧問弁護士の専門的かつ客観的な助言や対処により、合理的でより良い解決を図ることが可能となります。

法務コストの削減

事業所内で法務担当者を採用または育成し、法務部の機能を構築・維持するには多大なコストがかかります。顧問弁護士を貴社の法務部として活用することは、コスト面からみても価値ある選択肢といえます。

企業の信用性アピール、従業員の安心感

企業・事業主の信用度が対外的に増したり、対内的には従業員に対して安心感を与えることになります。またその結果、紛争を抑制・回避する効果も期待できます。

顧問料について

標準額 法人の場合 月額54,000円(税込)
事業規模、事業内容、相談頻度、法人個人の別等を考慮し、協議の上で決定いたします。